2016年11月06日

済々黌・大竹、好投実らず 高校野球第10日

18日、大阪桐蔭6―2済々黌) 済々黌の左腕大竹は強打の大阪桐蔭打線相手によく投げた. 球威こそないものの直球、カーブで丹念にコースをつき、緩急も生かした投球に徹した. しかし4、6回と高めに浮いたところを本塁打された. 攻撃も中盤以降、好機での併殺が響いた. バレーボールの全日本高校選手権第2日は6日、東京体育館で男女の2回戦計32試合があり、女子シード校で大会4連覇を目指す東九州龍谷(大分)、高校総体準優勝の古川学園(宮城)、下北沢成徳(東京)などが16強入り. 男子は前回覇者の東亜学園(東京)、高校総体優勝の創造学園(長野)、同準優勝の東福岡などが3回戦へ. 相馬(福島)は昨年末の全日本選手権決勝ラウンドに出場した市尼崎(兵庫)に敗れた.
posted by KagawaYumie at 12:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。